工人(たくみびと)

三木啓樂

──漆の魅力とは?
言葉で語るには深く広く、いつも自らの言葉の浅さを感じる。それでも漆と向き合えば、新たな魅力に心が動く。その感動は私にさらなる創作に向かわせる。
漆でのモノづくりはすでに私自身の人生の一部となっている。

三木啓樂

略歴

1971年
京塗師 三代 三木表悦の長男に生まれる
京都市立芸術大学美術学部工芸科漆工専攻卒業
京都市伝統産業技術者研修漆器コース本科修了
香川県漆芸研究所修了
2009年
第27回京都府文化賞奨励賞
2013年
平成25年度 伝統的工芸品産業功労者等経済産業大臣表彰奨励
2015年
第1回 藝文京展 優秀賞
現在
煎茶工芸協会正会員理事、日本工芸会正会員

三木啓樂作品

「うるし」の気持ち

漆やものづくりについて徒然と綴るコラム。

  • 「うるし」の気持ち
ページのトップへ戻る